ボイストレーニング-響き


title-lesson

響き

『歌を歌う』ということは、
体を楽器のように使うということです。

例えば、ギターだと音を奏でる弦<げん>と、
奏でられた音を響かせるボディー部分があります。

『歌を歌う』場合、
音を奏でる弦に相当するのが声、
その声を響かせるのが主に頭蓋骨<ずがいこつ>と胸になります。

ギターを弾く時、
右手で上手く弦を爪弾くことが出来ていないと、
キレイな音が出ません。

『歌を歌う』時、
腹式呼吸で声を上手く出せていないのと同じ状態です。

一方、ギターを弾く時、
右手で上手く弦を爪弾くことが出来ていても、
ボディー部分が割れていたりすると響きません。

割れているというのは極端かもしれませんが、
ギターのボディー部分の材質・形・大きさなどで、
響きが変わることは想像しやすいでしょう。

これと同じように、
腹式呼吸で声を出せていても、
頭蓋骨や胸に上手く響かせることが出来ていないと、
イイ声には聞こえません。

この響きを一度体感してみて下さい。

まずまっすぐ立ち、両足を肩幅に開いて下さい。
肩の力を抜いて、真正面を見て下さい。

その状態で曲は何でも構わないので、
ハミングしてみてください。

今度はあごの位置を動かさないで、
目線を下に移して床を見るようにして下さい。

その状態で同じようにハミングしてみて下さい。

自分の声が頭蓋骨の違う部分に当たっているのが分かりますか?

今度はまたあごの位置を動かさないで、
床から天井までゆっくり目線を動かしながら、
ハミングし続けてみて下さい。

目線を動かすのと並行して、
自分の声が当たる頭蓋骨の位置が移動することを
体感出来たのではないでしょうか?

出す声の高さや強弱によって、
自分の声を当てる頭蓋骨の位置を変えて
響かせることが出来るようになると
イイ声に聞こえて歌が上手く聞こえるようになるのです。

この響きをマスターして、
歌が上手くなりたいと思った方は
このボタンをクリックして下さい。

bt

東京のボーカル教室体験
無料体験レッスンの流れ

↓体験レッスンダイジェスト動画

東京の洋楽英会話レッスン
東京ボイストレーニングスクールのコースト料金について

ボーカル教室の生徒さんご紹介

↓Pickup!生徒さんインタビュー

3aca0a5b7f4920b2af1caac4f195515e
ボーカル教室からプロデビューした生徒さん

ボーカルスクール Twitter

ボーカルスクール Blog

Lavoc ボーカル教室 渋谷校 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-22 ノア渋谷パート2 801【地図】 TEL 0120-665-400 Lavoc ボーカル教室 新宿校 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-15-12 クランツ南新宿501【地図Lavoc ボーカル教室 下北沢本校 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12 下北沢デントビル2F【地図】 TEL 0120-665-400
ページ上部へ戻る